キャプテンの吉田麻也「前半2失点が勝敗分けた」。一瞬の隙を突かれたと反省点も(フットボールチャンネル)

出典元:吉田麻也【写真:Getty Images】

【日本 1-3 カタール AFCアジアカップ2019・決勝】

 日本代表は1日、AFCアジアカップ2019・決勝でカタール代表と対戦した。南野拓実が大会初得点を決めるも、追いつくことはできずに1-3敗戦。結局、日本は準優勝に終わり、カタールがアジアカップ初制覇を成し遂げている。

【動画】日本、未来の布陣はこれだ! 4年後の日本代表イレブンを予想

 試合後、キャプテンの吉田麻也は「相手は中二日にもかかわらず良い準備をしてきた。僕ら以上にアグレッシブに戦ってきて、前半2失点してしまったことが勝敗を大きく分けてしまった。僕たちも後半、よりアグレッシブに、より速いテンポでゲームを進めようとしたんですけど、前半に受け身になってしまったことが尾を引いてしまったかなと思います」とし、前半の戦い方が問題だったと指摘している。

 また、「自分自身もそうですし、チームとして一瞬の隙を突かれてしまったというのは、まだまだ学ばなければならないことがいっぱいあるなと感じます。次はコパ・アメリカとワールドカップ予選で、一つ一つ成長していって次のワールドカップに繋げなければいけないです」と、反省点を口にした。

コメントは受け付けていません。