2月末で引退の中村均調教師 今週実施の3重賞に管理馬が出走(サンケイスポーツ)

出典元:中村均調教師

2月末で引退を迎える中村均調教師(栗東)が、今週実施される重賞3競走に管理馬を送り出す。1977年に厩舎を開業し、今年が開業43年目となる同調教師は、1月21日現在、JRA出走回数は現役トップの9126回で、通算719勝をマークしている。

 中村調教師は、26日の愛知杯(GIII)にキンショーユキヒメ(牝6歳)、27日の根岸S(GIII)にはヤマニンアンプリメ(牝5歳)、シルクロードS(GIII)にはナインテイルズ(牡8歳)を出走させるが、引退を前に重賞制覇を遂げることができるだろうか。

 なお、ナインテイルズは、通算55戦目となった前走の淀短距離S(L)で、初めてオープンクラスでの勝利を挙げた。今回、同馬には“テン乗り”となる福永祐一騎手が騎乗予定だが、8歳にして重賞初制覇なるか注目される。

コメントは受け付けていません。