【シルクロードS】父ロードカナロアと同じ道を辿れるか 京阪杯で重賞初Vを遂げたダノンスマッシュ(サンケイスポーツ)

出典元:シルクロードSで、昨秋の京阪杯に続く重賞制覇を狙うダノンスマッシュ

ダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)が、重賞連勝を狙う。同馬は、デビューから芝1400~1600m戦に出走を続けていたが、初の芝1200m戦出走となった昨年7月の函館日刊スポーツ杯(1600万下)で勝利を挙げ、その後はキーンランドC(GIII)2着、京阪杯(GIII)1着とスプリント重賞で好走している。

 ダノンスマッシュの父ロードカナロアは、3歳時の京阪杯で重賞初制覇を遂げ、4歳初戦となったシルクロードSも制し、同年秋にはスプリンターズS(GI)、香港スプリント(GI)を制しているが、ダノンスマッシュは父と同じように京阪杯→シルクロードSを連勝して、スプリント路線の主役候補に名乗りをあげることができるだろうか。

 ロードカナロア産駒は、淀短距雛S(L)2着のアンヴァル(牝4歳、栗東・藤岡健一厩舎)も出走予定で、シルクロードSの父子制覇なるか注目される。なお、ダノンスマッシュには北村友一騎手、アンヴァルには松山弘平騎手が騎乗予定となっている。

コメントは受け付けていません。