しずちゃん弟、初勝利へ2戦目4・29決定(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:山崎晴信

元アマチュアボクサーでお笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山崎静代(39)の弟・晴信(35)=エディタウンゼント=のプロ2戦目が決まったことが22日、分かった。4月29日に大阪・淀川区民センターで左構えの槌本武訓(27)=大星森垣=と75キロ契約4回戦を行う。戦績は晴信が1敗、槌本が3敗1分けで勝者がプロ初勝利となる。

【写真】山里がしずちゃんに送った陰湿嫌がらせメール

 17年11月に受験資格上限34歳でプロテストに合格した晴信は、昨年10月に同じくプロデビュー戦の市川友也(22)=アポロ=からダウンを奪われ、初回わずか26秒TKO負け。「パンチを出した後、ガードがガラ空きだった。ディフェンスをしっかりしたい」と介護の仕事を続けながら連日、所属ジムで鍛錬している。

 12年ロンドン五輪の最終予選まで残った静代からは「出入りをもっと練習しろ」と足の使い方をアドバイスされたという。しずちゃん弟のリベンジ物語が始まった。

 ◆山崎 晴信(やまざき・はるのぶ)1983年2月4日、京都・福知山市生まれ。35歳。大阪・茨木市で育ち、北陽高ではサッカー部でDF。追手門学院大卒。17年春、エディタウンゼントジム(高槻市)入門。身長181センチの右ファイター。家族は両親と姉2人。

コメントは受け付けていません。