ヤクルト「歴代ユニホーム総選挙」1位は90-98年のビジター(サンケイスポーツ)

来季で球団設立50周年を迎えるヤクルトは22日、「歴代ユニホーム総選挙」の投票結果を発表。野村克也監督(83)=サンケイスポーツ専属評論家=のもとで黄金時代を築いた1990-98年のビジターユニホームが4124票を集め、1位に選ばれた。

 昨年12月21日から31日の投票期間に、2万3000件を超える投票があった。2-10位に選ばれたユニホームは、現役選手の背番号と背ネームを付けて、対象試合限定の特典付きチケットとして販売される。1位のユニホームは別の企画で採用される。

コメントは受け付けていません。