東九州龍谷のエース平山、大暴れ!大一番前に闘志全開/春高バレー(サンケイスポーツ)

出典元:得点に喜ぶ東九州龍谷の平山(2)ら=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・渡辺恭晃)

第71回全日本バレーボール高校選手権大会第3日(7日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)東九州龍谷は3回戦で金沢商(石川)、準々決勝で京都橘にともにストレート勝ち。エースの平山詩嫣(しおん、3年)が、スパイク、ブロックと攻守で活躍した。快勝に相原監督は「上出来」とご機嫌だった。準決勝で、優勝候補筆頭の下北沢成徳(東京第1)と当たる。平山は「相手は自分たちよりもパワーもあるし高い。チャンスを与えない攻撃をしたい」と闘志をみなぎらせた。

コメントは受け付けていません。