ヤクルト荒木は現状維持「全試合に出るつもりで」(日刊スポーツ)

出典元:契約更改を終え、会見に臨むヤクルト荒木(撮影・保坂恭子)

ヤクルト荒木貴裕内野手(31)が5日、都内の球団事務所で契約更改を行い、現状維持の2300万円(金額は推定)でサインした。

【写真】6月、オリックス戦でヤクルト荒木は左中間に走者一掃の二塁打を放つ

今季は62試合に出場。7月10日巨人戦で死球を受け、左手小指付近を骨折。10月に復帰した。「(シーズンの)前半しか働いていないので、個人的にはすごく悔しかった。ケガをしたことで、いろいろ考える機会になった。この悔しさを、来年にぶつけたい」と話した。

プロ10年目となる来季に向けては「野球選手として、全試合に出るつもりでオフから準備したい」と意気込んでいた。

コメントは受け付けていません。