西武・熊代“声出し”ボーナスつかず保留1号「便利屋という部分を評価してほしい」(東スポWeb)

出典元:契約を保留した熊代

西武の“声出し隊長”熊代聖人外野手(29)が5日、メットライフドームで契約更改交渉に臨み、現状維持の1000万円を保留。今契約交渉の保留者1号となった。

 1時間を超えるロングラン交渉もむなしくチームの士気を盛り上げる“声出し”に特別ボーナスはつかなかった。

 会見で熊代は「正直、優勝できたという中で、気持ちでも評価していただきたかったなという思いで保留しました。声出しというのはチームの流れの中でできた部分なんで、そこは評価してくれというつもりはありません。そういう存在になれたのは大きいと思いますが、内外野守れるというか、ユーティリティー性、便利屋という部分をもう少し評価してほしいなと…」と、とつとつと自らの存在価値をアピールした。

 優勝争いの中で試合前の円陣では毎試合、手を替え品を替え面白訓示で外国人も含めたナインにゲキを飛ばし、試合前の緊張を解いていたが、肝心のプレーヤーとしては25試合出場で9打数無安打。見ようによっては、目に見えるプレーでの貢献がなかった分を無形の声で取り戻した現状維持なのかもしれないが…。

(金額は推定)

コメントは受け付けていません。