【広島】緒方監督、西川・メヒア・坂倉の外野挑戦に手応え(スポーツ報知)

広島が宮崎・日南での秋季キャンプを打ち上げ、緒方監督は内野手の西川とメヒア、捕手の坂倉を外野守備に挑戦させたことに、一定の手応えをつかんだ。「底上げが必要。複数ポジションを守れれば、選手にとってチャンス。チームにとってもプラスになる」とうなずいた。

 今オフ、中堅手の丸が国内FA権を行使。宣言残留の選択肢を残すが、去就は不透明だ。西川ら打力に定評のある3選手のコンバートプランは、丸流出に備えた危機管理の意味も強い。

コメントは受け付けていません。