【エリザベス女王杯】トレンドは西低東高…狙うは強力関東馬レッドジェノヴァ(東スポWeb)

出典元:まさに充実一途のレッドジェノヴァ

【エリザベス女王杯(日曜=11日、京都芝外2200メートル)栗東トレセン発秘話】JBCクラシックをターゲットにした先週の「トレセン発秘話」では、ケイティブレイブ&オメガパフュームに鋭く切り込み、予想も◎○▲のパーフェクトで締めくくった高岡功記者。業界の中でも一目置かれている、尋常じゃない嗅覚はいまだ健在だ。第43回エリザベス女王杯では「西高東低」から“西低東高”へと変わっているトレンドに注目し、あの関東馬を密着取材。大いなる可能性を見いだした。

「ここのところ、関東馬の勢いが増してきていますよね。我々、栗東で仕事をしている人間は、もっと危機感を持ってやっていかないといけないと思っています」

 さすがは才気あふれる高野調教師である。秋競馬が始まって間もない段階で、GIシリーズでの「関東馬の大攻勢」を“予言”していたのだ。

 2018年上半期のJRA平地GI全12戦のうち、関東馬が勝ったのは3レース(フェブラリーS=ノンコノユメ、桜花賞&オークス=アーモンドアイ)だけだったが、下半期はまだ4競走が終わっただけだというのに、秋華賞=アーモンドアイ、菊花賞=フィエールマン、天皇賞・秋=レイデオロ…関東馬は早くも春と同数の勝ち星を稼いでしまった。

 王道路線を歩むアーモンドアイ、レイデオロはもちろん、怪物牝馬と噂されるグランアレグリア(阪神JFではなく朝日杯FSへ)…この後の強力布陣を考えれば、さらなる量産もあり得る話だ。

 もっとも、馬券を買う側にしてみれば、“トレンド”に乗って「関東馬狙い」を遂行すればいいだけのこと。今週のエリザベス女王杯も“獲物”は東にあり?

 ただし、記者が目をつけた関東馬は、所属は東でも“実物”は西にいる。現在、栗東トレセンに滞在中のレッドジェノヴァだ。

「過去に栗東に来た経験から、この馬はこっちに来たら合うんじゃないかと思っていたんです。見事にハマりましたね」とは鈴木一成助手。2008年の秋華賞でブラックエンブレム(11番人気)、プロヴィナージュ(16番人気)の2頭が栗東に滞在し、1、3着と大成功を収めたときに調教をつけていた人物だ。

 なんでも「まだ動き切れていない部分がある」レッドジェノヴァに、「栗東の逍遥馬道を歩かせたら、今まで使えなかった筋肉を使えるようになるのではないか」という予感が働いたのだとか。その結果が強力牡馬相手の京都大賞典での半馬身差2着好走である。

「“(京都)大賞典でいい結果が出なかったら福島記念に”というプランもあったんです。でもサトノダイヤモンドにあれだけ詰め寄ってくれて。レース後、引き揚げてきた池添は“ジャパンCでも”って言ってくれましたよ」

 ジャパンCでも勝負になる馬なら、エリザベス女王杯などはたやすいもの? このレッドジェノヴァ以外にもノームコア、フロンテアクイーン、コルコバードなど魅力的な馬が控えている関東勢。関東馬のワンツーなどという結果になれば、栗東で取材している身としては若干の寂しさを感じつつも…。実は馬券で儲けて喜んでいるかもしれない。

コメントは受け付けていません。