クロスカウンター英国調教馬で初優勝/メルボルンC(日刊スポーツ)

<メルボルンC>6日=豪フレミントン◇G1◇芝3200メートル◇3歳上◇出走24頭

「ストップ・ザ・ネーション」と呼ばれるオーストラリアの国民的行事は、英国の3歳馬クロスカウンター(セン、アップルビー)が制した。

道中はランナウェイがハナを切る展開。1角入り口でムーア騎手騎乗のザクリスオブモハーが競走中止するアクシデントもあったが、淡々とペースは流れた。クロスカウンターは直線入り口では馬群の後方。ライバルの間をすり抜けて大外に持ち出すと、鋭い末脚で世界の強豪をなで切りにした。勝ち時計は3分21秒17。

英国調教馬はメルボルンC初優勝。マカヴォイ騎手は「陣営が素晴らしい仕上げをしてくれた」と喜びをかみしめた。アップルビー師は「全ての人に感謝したい。ここまで来るには長い道のりだった。レースまでの何週間かは難しい時期もあったが、マカヴォイ騎手が信頼を持って乗ってくれた。スペースを見つけてからは素晴らしい伸びだった。ジョッキーも素晴らしい仕事をしてくれた」と振り返った。

2着には英国のマルメロ(牡5、モリソン)、3着には英国のアプリンスオブアラン(セン5、フェローズ)が入った。

馬連(9)(23)は4810円、馬単(23)(9)は1万1200円、3連複(9)(17)(23)は4万7510円、3連単(23)(9)(17)は31万5040円。

(注=成績、払戻金などは必ず主催者発行のものと照合してください)

コメントは受け付けていません。