【侍ジャパン】稲葉監督、全体ミーティングで訓示「個々のレベルアップを」 7日に台湾戦、9日から日米野球(スポーツ報知)

出典元:全体ミーティングを行い、選手に激励の言葉をかける稲葉日本代表監督(中央)(カメラ・岩下 翔太)

「ENEOS侍ジャパンシリーズ2018」の台湾戦(7日・ヤフオクD)と「2018 日米野球」(9日~・東京Dなど)に臨む侍ジャパンの稲葉篤紀監督(46)が6日、福岡市内で行われた全体ミーティングで全選手に訓示した。

 選手たちに対してシーズンの戦いをねぎらい、「メジャーリーガーと対戦して個々のレベルアップにつなげてほしい」と求めた。

 さらに「野球が復活して国民の皆さんが注目している。子供たちに野球をやってもらえるよう、金メダルをとることが大事」と20年東京五輪の重要性を力説。まずは今回の日米野球に向けて「メジャーもプライドは非常に高い。日本に勝ちたい思いで来る。我々も結束力を持って、日の丸を背負って侍ジャパンの誇りを胸に勝ちたい」と必勝を呼びかけた。

コメントは受け付けていません。