【日本ハム】レアードと残留交渉長期化か「時間はかかると思う」(スポーツ報知)

出典元:レアード

今季で2年契約が切れる日本ハムのブランドン・レアード内野手(31)の残留交渉が、長期化する可能性があることが5日、分かった。

【写真】入団交渉に臨む根尾(中、左は母・実喜子さん、右は父・浩さん)

 球団関係者によると、レアードは入団以来4年を過ごしたチームや札幌への愛着を強く持つが、一方では他球団の評価を聞きたいという意向も持っている。今オフは新監督が就任して体制が一新された球団も多く、補強ポイントが整理された後にオファーが届く可能性もある。そのため、同関係者は「かなり時間はかかると思う」と説明した。

 レアードは今季、チームトップの26本塁打をマーク。来日から4年間で131本塁打を放った長打力は健在で、三塁の守備にも安定感がある。本塁打を放った際に、大好物のすしを握るポーズを行う「すしパフォーマンス」も大人気だ。親しみやすいキャラクターでファンからも愛され、球団は来季も必要な戦力として残留要請を行う方針を固めていた。

 この日、球団幹部は外国人選手の去就について、「時間をかけて。(結論が)長くなる人もいるんじゃないか」と長期化する可能性も示唆した。レアードは来季も北の大地でプレーするのか―。今後の進展が注目される。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。