【WWE】変装挑戦者がSD女子王者シャーロットを花道で襲撃!(東スポWeb)

【ルイジアナ州ラファイエット11日(日本時間12日)発】WWEのスマックダウン(SD)大会で、SD女子王者のシャーロット・フレアー(32)が変装した挑戦者に襲撃された。

 シャーロットは「ヘル・イン・ア・セル」(16日、テキサス州サンアントニオ)で、かつての親友ベッキー・リンチ(31)の挑戦を受ける。女王様の王座奪取時に友情にヒビが入り、確執は深まる一方だ。この日はソーニャ・デビル(24)をフィギュアエイトで一蹴したが、試合後にまさかの展開が待っていた。

 花道でファンの少女とと記念撮影するシャーロット。すると最前列に陣取っていた黒髪にメガネの理系女子っぽいファンが、女王様に殴りかかったからビックリだ。そのままシャーロットを押し倒した女性は、カツラとメガネを外し、素顔をさらす。正体は挑戦者のベッキーだった。殴る蹴るの暴行を加えると必殺のディスアーマー(腕固め)で女王様の腕を決め、意気揚々と引き揚げた。

 バックステージでも「ベルトを奪って彼女の腕を折るわ!」とベッキーは興奮が収まらない。8月19日「サマースラム」の3WAY戦では、共闘を誓ったシャーロットが、ベッキーから3カウントを奪ったことで遺恨が生じたのだが、オンナの確執は地獄のリングでどんな決着を迎えるのか。

コメントは受け付けていません。