【巨人】和田恋、リーグ史上3人目の3冠王なるか…2軍は優勝マジック「3」(スポーツ報知)

巨人2軍は貯金を「30」としてイースタン・リーグ4連覇へのマジックを「3」としている。好調のチームで主に4番として出場しているのが、プロ5年目の和田恋外野手(23)。リーグ史上3人目の3冠王を射程圏内に捉えている。

 和田は9日現在、打率3割8厘(2位)、18本塁打(1位)、85打点(1位)。打率トップはチームメートの松原で3割1分と僅差の争い。本塁打は清宮が17本、ヤクルト村上が16本で追ってきている。打点は2位の村上が65で、大差をつけている状況だ。

 イースタン・リーグ3冠王は過去に2人(3度)。1977年の庄司(巨人)と2000、2001年に2年連続で輝いた西武・ポールだけだ。2軍とはいえ、打率、本塁打、打点で全て好成績を残して1位になるのは簡単なことではない。

 和田は今季1軍デビューしてプロ初安打も放った。1軍で感じた課題を胸に、さらなるレベルアップに向けてファームでバットを振っている。

コメントは受け付けていません。