森保U21、前田「なぜか合う」岩崎2得点アシスト(日刊スポーツ)

出典元:日本対パキスタン 前半、先制ゴールを決める岩崎(撮影・清水貴仁)

<男子サッカー・アジア大会:日本2-1サウジアラビア>◇準々決勝◇27日◇パカンサリ競技場◇ボゴール・インドネシア

【写真】森保U21ジャパン16強 逸材・岩崎2発で存在感

東京五輪世代のU-21(21歳以下)日本代表は同サウジアラビア代表に競り勝った。MF岩崎悠人(京都)が2ゴールの活躍。今大会4得点とした。A代表と兼任する森保一監督(50)の兼任監督として最初の国際大会は、指揮官自らが「アジアの大会でのノルマ」と課すベスト4に進出した。

岩崎が輝きを放った。前半31分、ゴール前でFW前田大然(松本)がキープしたところに走り込むと、落とされたボールを右足で合わせ、鮮やかなミドルシュートを左上に決めた。

同39分にカウンターを受け、同点とされて後半に突入。後半はサウジアラビアも攻勢を強めて攻守が入れ替わる展開になった。

試合にけりをつけたのも岩崎。後半28分、左サイドを突破した前田の低く速いクロスを右足でミートし、鋭くゴール左上へ。「大然君が1対1に勝ってくれて、あとは合わせるだけだった」。先制点、そして決勝点という大車輪の活躍で、何度もガッツポーズを作った。試合後は「前の試合で攻撃の3人が無得点だったので、今日の試合は得点への意識を持っていた」と納得の表情を浮かべた。

2発とも前田のアシストと、息のあったプレーを見せた2人。チームの練習時間はわずかだが、「なぜか合う」と前田が笑って明かす好相性ぶりを見せた。岩崎は「今後は厳しい日程になるが、チーム全員でいい準備をして臨みたい」と、中1日で迎える29日の準決勝を見据えた。

コメントは受け付けていません。