U21岩崎サウジから2発「合わせるだけだった」(日刊スポーツ)

出典元:後半、勝ち越しゴールを決めた岩崎(右)は三好(中央)らに祝福される(撮影・清水貴仁)

<男子サッカー・アジア大会:日本2-1サウジアラビア>◇準々決勝◇27日◇インドネシア・チビノン

【写真】先制ゴールを決め喜ぶ岩崎

アジア大会に参加しているU-21(21歳以下)日本代表は27日、準々決勝でU-21サウジアラビア代表と対戦し、2-1で勝った。

2ゴールでチームを勝利に導いたFW岩崎悠人(京都)は「得点のシーンも良かったと思うけれど、その前に泰志くんが勝ってくれた。チームで取ることが出来た」と中盤で体を張った松本泰志(広島)に感謝しつつ、全員で取ったゴールだと強調した。

岩崎は前半31分、MF杉岡大暉(湘南)のパスをゴール正面で受けたFW前田大然(松本)の落としから右足でミドルシュートを決めた。同点で迎えた後半28分には、MF遠藤渓太のサイドチェンジを左で受けた前田がペナルティーエリアに切り込みラストパスを送ると、再び右足で決めた。

岩崎は「大然くんが1対1で勝ってくれた。合わせるだけだった」と笑顔で得点を振り返った。

24日の決勝トーナメント1回戦・マレーシア戦は、後半45分に途中出場のFW上田綺世(あやせ、19=法大)が自ら得たPKを決めて勝利も、攻撃陣は決定力不足を露呈した。岩崎は「前の試合は、前の3人が取っていなかった。得点の意識はあった」と試合に臨んだ思いを語った。

29日の準決勝では、UAEと北朝鮮の勝者と対戦する。岩崎は「厳しい日程ですけど、目標に向かってしっかりやりたい」と意気込んだ。

コメントは受け付けていません。