西武多和田、13勝目へ「1試合1試合を大事に」(日刊スポーツ)

出典元:炎天下の西武第2球場でキャッチボールを行う西武多和田(撮影・佐竹実)

西武多和田真三郎投手が27日、先発する28日楽天戦に備え、西武第2で汗を流した。

炎天下の中、ダッシュ、ブルペン投球、体幹トレーニングなどで調整。前回21日ロッテ戦は2戦連続の6失点で5回で降板。5敗目を喫した。試合が行われる上毛新聞敷島球場では初登板。リーグトップタイの13勝目がかかるマウンドに向け、「残り試合も少ない。1試合1試合を大事に、チームがしっかり勝つ投球をしたい」と表情を引き締めていた。

【写真】西武多和田は髪とも戦う 負けるまで切らない験担ぎ

コメントは受け付けていません。