西武・郭俊麟2年ぶり一軍登板で6回6失点「序盤の失点が悔やまれます」(東スポWeb)

出典元:初回、柳田に2ランを浴びた郭

西武・郭俊麟(クォ・ジュンリン)投手(26)が26日、ソフトバンク戦(ヤフオク)に先発で2年ぶりの一軍戦登板。柳田、今宮に一発を食らうなど6回5安打6失点だった。

 初回に柳田の29号先制2ラン、2回に3四死球から今宮に8号満塁弾を許しながら、その後はなんとかしのいだ。肩の不調などから一軍戦はおろか二軍戦の登板もなかった昨年を思えば、この一軍戦登板は大きな前進といえる。

 登板後は「久しぶりの一軍の試合で、やはり二軍の試合とは雰囲気が違いました。3回以降は普段通りのピッチングができたと思いますが、序盤の失点が悔やまれます」と悔しさをにじませた。

コメントは受け付けていません。