【札幌2歳新馬】クロフネ産駒ロークアルルージュが3馬身差で快勝 モレイラ「まずはひとつ勝てて良かった」(スポーツ報知)

出典元:J・モレイラ騎乗のロークアルルージュが3馬身差をつけ快勝

25日の札幌5R、2歳新馬(ダート1700メートル=13頭立て)は、4番人気のクロフネ産駒、ロークアルルージュ(牡、美浦・手塚貴久厩舎)が後続に3馬身差をつけて初陣を飾った。勝ち時計は1分45秒2。

 ジョアン・モレイラ騎手を背に好位3番手に取り付くと、直線でも余力は十分。逃げ粘りを狙った3番人気のハクナマタタ(ルメール騎手騎乗)を並ぶ間もなく交わしてゴールに飛び込んだ。

 馬体重544キロで勝利したパートナーに、モレイラ騎手は「まだ経験が必要だけど、まずはひとつ勝つことができて良かった」と伸びしろを期待していた。次走は未定。

コメントは受け付けていません。