オリックス増井「最低限」3年ぶり2度目の30S(日刊スポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:ロッテ対オリックス 最後を締めた増井(奥)は伏見捕手と抱き合う(撮影・柴田隆二)

<ロッテ1-3オリックス>◇24日◇ZOZOマリン

オリックス増井浩俊投手が、自身3年ぶり2度目の30セーブを達成した。3-1の9回に登板。試合前から最大20メートルの強風が吹く難しいコンディションに苦しみ、3安打1四球ながら無失点という珍しい形で節目のセーブがついた。

【写真】最後を締めた増井(左)は伏見捕手と握手する

先頭の井上に中前打され、1死後、鈴木に右中間へ二塁打。この間にホームを狙った角中を本塁でアウトにして難を逃れたが、根元に左前打、さらに田村に四球で2死満塁。最後は代打福浦を左飛に打ち取った。

30セーブ到達は、39セーブを挙げた日本ハム時代の15年(39セーブ)以来。「40セーブを目標にしているし、30セーブは最低限。クリアできてほっとしています」と守護神は、移籍1年目の大台到達を振り返った。

30セーブは両リーグ最多。増井は通算140セーブとなった。

コメントは受け付けていません。