【巨人】吉川光、6回途中2失点で降板も 直後の7回に大量4得点(スポーツ報知)

出典元:6回1死一、二塁、雄平に右前適時打を打たれた吉川光(左は二塁から生還する青木)(カメラ・中島 傑)

◆ヤクルト―巨人(15日・神宮)

 巨人の先発・吉川光が6回途中で降板した。

 5回まで2安打無失点と抑えていたが、6回に先頭の青木に中前安打、山田哲に四球を与え一、二塁とされた。バレンティンは右飛に抑えるが、雄平には右前適時打された。さらに1死一、三塁で川端を投ゴロに打ち取るが併殺崩れの間に三塁走者・山田哲の生還を許し2点差に迫られた。

 ここで吉川光は降板し2番手・田原がマウンドに。田原は西浦を遊ゴロに打ち取りピンチを切り抜けた。吉川光は5回1/3、113球を投げ4安打2失点。

 2点差に迫られた直後の7回、田中俊がヤクルト3番手・秋吉から右中間二塁打で出塁すると、小林が送って1死三塁。代打・大城は右前への飛球となったが右翼手・雄平がグラブに当てながらも落とし(記録は二塁打)、1点を追加。さらに重信が右越え適時二塁打を放つと、1死一、三塁からマギーのボテボテの投ゴロで1点を追加。途中出場の陽が左前タイムリーを放つなど、打者9人の攻撃で4点を加え、突き放した。

コメントは受け付けていません。