折尾愛真「背番号4の左腕」は人気漫画が由来(スポーツ報知)

出典元:先発・小野の後を受け、2番手として救援登板した折尾愛真の左腕、下柳涼

◆第100回全国高校野球選手権記念大会 第6日第1試合(10日・甲子園) ▽1回戦 日大三―折尾愛真

 折尾愛真(北福岡)の「背番号4」で、控え投手の下柳涼(3年)が、5失点した直後の初回1死三塁から2番手で登板。初球で中前適時打を浴びるなど、3回2/3を、7安打8四死球6失点(自責6)で降板した。

 下柳によると「左腕の背番号4」は、奥野博之監督が、梶原一騎原作の野球漫画・「侍ジャイアンツ」が好きで、主人公の番場蛮が、左投げ左打ちで、背番号4をつけているから、という理由だそう。この日先発した左腕の小野剛弥(3年)も、昨年は「背番号4」を背負っていたという。

 下柳は試合前の取材で「控え投手だけど、1ケタの背番号をつけられるのはうれしい。1ケタという自覚を持って、流れを変えられるようなピッチングをしたい」と話していた。

コメントは受け付けていません。