エースが投打で引っ張る!横浜・板川、先制2点打&8回7K無失点(スポーツ報知)

出典元:8回無失点の好投を見せた横浜・板川

◆第100回全国高校野球選手権記念大会 第5日第1試合 ▽1回戦 横浜7―0愛知産大三河(9日・甲子園)

 東の横綱が貫禄の快勝発進だ。優勝候補の横浜(南神奈川)は、3番・斉藤大輝主将(3年)の2ランなど神奈川勢では春夏通じて初となるチーム1試合3本塁打の長打攻勢で、愛知産大三河(東愛知)を圧倒。2年ぶりの初戦突破を決めた。

 横浜の左腕エースの板川佳矢が投打で引っ張った。打っては2回1死二、三塁で、右中間を破る先制の2点三塁打。本職では、武器のチェンジアップを巧みに操り、8回を4安打7奪三振の無失点。「振ったら飛んでくれた。(投球は)60~70点ぐらい。相手(花咲徳栄)というよりも、自分の投球ができるように調整したい」と次戦へ向け修正を誓った。

コメントは受け付けていません。