西武のおかわり君、自己最多の5試合連続アーチ(スポーツ報知)

◆オリックス7―6西武(9日・京セラドーム大阪)

 中村剛也内野手(34)が球団では、秋山幸二らと並ぶ自己最多の5試合連続アーチを放った。「打ててよかったです」とおかわり君らしいコメントで喜びを表現した。3点を追う8回に4番手・山本の直球を完璧に捉え、17号2ランだ。

 03年に6試合連続本塁打をマークしたカブレラ(西武)らが持つパ・リーグ記録まで、あと「1」とした。

 試合は終盤に追い上げを見せるも1点差で敗れ、連勝は3で止まった。

コメントは受け付けていません。