横浜・度会が代打で甲子園初打席初球を初安打! 今夏代打では打率10割(スポーツ報知)

出典元:9回2死、代打・度会が右前安打を放つ

◆第100回全国高校野球選手権記念大会 第5日第1試合 ▽1回戦 横浜7―0愛知産大三河(9日・甲子園)

 横浜(南神奈川)が愛知産大三河(東愛知)戦で完封発進。元ヤクルト内野手・度会(わたらい)博文さん=現球団職員=の次男・隆輝内野手(1年)が、7点リードの9回2死から代打で登場。甲子園初打席の初球を引っ張ると、打球は一二塁間を抜けた。

 佐倉シニア(千葉)では、U―15侍ジャパンに選出。南神奈川大会準決勝では、代打で決勝の適時二塁打。今夏の代打成績は、6試合で6打数6安打の打率10割だ。

 父譲りのセンスを持つスーパールーキーは「ワクワクしながら打席に入りました。楽しもうという気持ちが、結果につながったと思います」と初々しい笑顔を見せていた。

コメントは受け付けていません。