【バーデンバーデンC】“お嬢さん”マドモアゼルが華麗なる逃走でおっさん古馬を蹴散らす(東スポWeb)

【バーデンバーデンC(日曜=15日、福島芝1200メートル)得ダネ情報】名は体を表す――。この格言にピッタリの馬が日曜福島メイン・バーデンバーデンC(3歳上オープン)に出走する。フランス語で「お嬢さん」を意味するマドモアゼルだ。3歳のお嬢さんが、おっさん古馬ども?を蹴散らすシーン…美浦得ダネ班はあると思います。

 デビュー当初から厩舎スタッフが「本当に手がかからない馬」と感心するほどの“お嬢”は、新馬戦2着後、未勝利戦→500万下(りんどう賞)を連勝。2歳女王を決する阪神JF(10着)にも出走を果たした。

 明けて3歳になってからも、3戦目の橘Sを逃げ切って、初のオープン勝ち。順調にキャリアを積み上げている。

 3歳牝馬といえば、人間なら思春期の少女。徐々に競馬(人生)のつらさを知り始め、イレ込んだり、グレたり…。だが、マドモアゼルには当てはまらない。担当する高橋助手が誇らしげにこう語る。

「乗りやすいし、扱いやすいし、おとなしい。牝馬なのに神経質っぽいところを全く見せない。本当に言うことなしですよ」

 ジョッキーのGOサインにスッと反応するし、道中で力んでもすぐに修正が可能。乗り役にとって、これほどストレスのかからない馬はそうはいないだろう。3戦連続でタッグを組む酒井はこんなことを口にしている。

「馬をダメにするのは簡単なんですよ。だから能力を感じた若馬に対しては本当に慎重に接しないと。一走一走がポイントになってくる。その馬の将来を考え、次につなげることを常に頭に入れておかないといけないんです」

 この教訓を借りるなら、酒井をはじめとした過去の乗り手がレースで大事に乗り、お嬢を育て上げてきたのだろう。

 前走の葵Sは珍しくゲートで落ち着きを欠き、後手に回って9着。「ごくたまに出る行儀の悪さを見せちゃって…」とは高橋助手だが、これもご愛嬌。すぐに反応して道中でうまく立て直されていた。言うなれば「お嬢さんが門限を5分だけ破ってしまった」くらいのレベル。「その後、放牧して休んだので、今回は落ち着いていけそう」なら、2度続けての“粗相”の心配はない。

 橘Sのような逃げ切りが理想だが、酒井は勝ちパターンを決めつけないタイプ。馬の素性を考えても、ハナでも番手でも勝負できるとみていい。「しまいが若干、甘い」懸念材料はあるが、「福島は上がりがかかってくれるだろうから」と粘り込みのイメージはできている。

コメントは受け付けていません。