ヤクルト8連敗、復帰戦マルチの青木は救世主になれず…指揮官「球宴期間に立て直す」(サンケイスポーツ)

(セ・リーグ、ヤクルト3-7巨人、14回戦、巨人9勝5敗、11日、神宮)ヤクルトは11日、巨人14回戦(神宮)に3-7で敗れ、今季ワーストとなる8連敗の最下位で前半戦を終えた。

 相手を上回る13安打も3得点。小川淳司監督(60)は「連敗するべくしてしている試合が多かった。何か一つ、きっかけがあれば変わる。自分たちも含めて考えていくべきところだと思う」と振り返った。

 頭部死球による脳振とうの特例措置で抹消されていた青木が「2番・中堅」で復帰。一回無死一塁から右前打で同点を演出したが、以降は打線が決定打を欠いた。復帰戦を2安打で終えた青木は、「負けてはいるけど、いいところもある。これからだから」と前を向いた。

コメントは受け付けていません。