【巨人】紀律委員会で、相談窓口設置検討…元選手窃盗事件受け(スポーツ報知)

巨人は11日、元所属選手の窃盗事件を受け、東京・大手町の球団事務所で紀律委員会を開いた。老川オーナーや石井球団社長らが出席する中、再発防止策を協議。

 選手、スタッフが気軽に相談できる窓口を設置することなどが話し合われた。その上で悩みなどの相談ができるメンター(助言者)制度の導入も検討しており、特に若手選手が、担当スカウトなどと定期的に会話する時間を作り、随時解決していこうという方針も打ち出された。

 また、選手対象の講習会も行っていき、飲酒や社会人としての基本的な所作についても確認していく。球団はさっそく、各ロッカー内にある不要な野球用品や私物を速やかに廃棄させるよう指示。今後も球団スタッフが定期的に見回っていく。老川オーナーは「選手たちには子どもたちの憧れの対象なんだという自覚や責任感を、今一度、持ってもらいたい」と強調した。

コメントは受け付けていません。