【新馬勝ち2歳総点検・阪神】圧倒的競馬センスのサートゥルナーリア 間違いなくクラシック級(東スポWeb)

【新馬勝ち2歳総点検・阪神】

★日曜(10日)芝外1600メートル=勝ったのは母が日米オークス馬のシーザリオ、半兄にジャパンC馬エピファネイア、2歳王者リオンディーズがいる超良血馬サートゥルナーリア。単勝1・1倍の圧倒的な支持に見事に応えた。

 出脚良く、先頭に立った後に、好位に控える味な内容。直線ではスペースができたところで瞬時にトップスピードへ。アッという間に抜けると、最後は手綱を緩める余裕のゴールとなった。

 終始、先を見据えたレース運び。数字や着差では測れない圧倒的な競馬センスを見せ、ここではレベルが違った印象だ。

 順調にいけば間違いなくクラシック路線に乗ってくるだろう。

★土曜(9日)芝内1200メートル=新種牡馬ジャスタウェイ産駒のアウィルアウェイが1番人気で勝利を飾った。

 スタートでまさかの出遅れ。前半3ハロン通過が35秒8と流れが落ち着いたこともあり、致命傷にもなりかねなかったが、直線で鋭く伸びて外からまとめてかわしてみせた。

 粗削りな競馬ぶりで発馬はもちろん、4角で外に逃げた点など課題も残ったが、そのあたりも伸びシロと好意的に捉えたい。

コメントは受け付けていません。