【マーメイドS】最内枠のワンブレスアウェイが2着に善戦 津村「ひるむことなく伸びてくれたが…」(サンケイスポーツ)

6月10日の阪神11Rで行われた第23回マーメイドステークス(3歳以上オープン、牝馬、GIII、芝・内2000メートル、ハンデ、15頭立て、1着賞金=3600万円)は、国分恭介騎手騎乗の10番人気アンドリエッテ(6歳、栗東・牧田和弥厩舎)が後方イン追走から直線鋭く抜け出し、重賞初制覇を果たした。

 最内枠から課題のゲートを五分に出たワンブレスアウェイは、最後の直線に入ると渋太く脚を伸ばして勝ち馬との競り合いに持ち込んだものの、惜しくも2着に敗れた。

コメントは受け付けていません。