【オークス】牝馬春2冠かかるアーモンドアイ、直線の長い府中で自慢の末脚炸裂だ(サンケイスポーツ)

東京のGI・5連戦の3戦目は、3歳牝馬の頂上決戦・オークス(20日、芝2400メートル)。桜花賞は4戦全勝の2歳女王ラッキーライラックの1強ムードだったが、結果はアーモンドアイの差し切り勝ちとなった。形勢は逆転したものの、オークスでもこの2頭が中心になりそうだ。

コメントは受け付けていません。