元日本代表MF香川が帰国「けがは問題はない。そこは強調しておきたい」(サンケイスポーツ)

ブンデスリーガ、ドルトムントの元日本代表MF香川真司が14日、今季のリーグ戦を終え、デュッセルドルフ発の全日空機で成田空港へ帰国した。

 2月10日のハンブルガーSV戦で左足首を負傷してから戦線を離れていた香川は、今月12日のリーグ最終節ホッフェンハイム戦で約3カ月ぶりに復帰。今季最終戦で後半29分からプレーした。「けがは問題はない。そこは強調しておきたい。あとは自分自身コンディションを上げてやっていくだけ」と話した。

 チームは4位でシーズンを終了。「最終的に欧州チャンピオンズリーグ権を獲得できたのはチームとしてよかった」と振り返った。

コメントは受け付けていません。