明大が立大を下し勝ち点3、2試合連続弾の越智「優勝めざして打っていきたい」(サンケイスポーツ)

東京六大学野球春季リーグ戦第5週最終日は14日、東京・神宮球場で行われ、明大が立大を3-1で下し2勝1敗とし、勝ち点を3に伸ばした。優勝争いは、この後勝ち点4以上にできる可能性のある明大と慶大に絞られた。

 明大は三回二死一塁で森下暢仁投手(3年)が右越え二塁打を放って先制し、同点とされた七回裏の二死一塁で5番・越智達矢外野手(4年)が左越え2ランで勝ち越し、森下は、初の完投で今季3勝目を挙げた。

コメントは受け付けていません。