【ヴィクトリアM】逃げたカワキタエンカは14着 大野「コーナーで外へ張ったロスが大きかった」(サンケイスポーツ)

5月13日の東京11Rで行われた第13回ヴィクトリアマイル(4歳以上オープン、牝馬、GI、芝1600メートル、定量、18頭立て、1着賞金=1億500万円)は、幸英明騎手騎乗の8番人気ジュールポレール(牝5歳、栗東・西園正都厩舎)が昨年3着だったこのレースで見事に雪辱V。タイムは1分32秒3(稍重)。GIの大舞台で初の重賞制覇となった。

 中山牝馬Sの覇者で、この日も逃げて自分の形を貫いたカワキタエンカは、最後の直線で後続に次々と交わされ14着に敗れた。

コメントは受け付けていません。