法大1年の左腕・山下輝がフレッシュリーグの東大戦に先発/東京六大学(サンケイスポーツ)

東京六大学野球春季フレッシュリーグの法大-東大が13日、神宮球場で行われ、法大が東大を15-0(六回規定により打ちきり)で下した。法大は“神宮デビュー”の昨夏高校日本代表左腕・山下輝投手(1年、木更津総合)が先発し、5回3安打3四死球6三振無失点で勝利に貢献した。

 この試合では高校時代に注目された右腕・川合隼人投手(2年、掛川西)や杉浦徹捕手(2年、米国・カテドラルカトリック)らも初出場した。

コメントは受け付けていません。