リナレス、ダウン先取もロマチェンコに10回TKO負け…歴史的ビッグマッチに敗れ王座陥落(スポーツ報知)

◆プロボクシング 世界戦▽WBA世界ライト級(61・2キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ホルヘ・リナレス―ワシル・ロマチェンコ(12日、米ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデン)

 世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(32)=帝拳=が、WBA世界ライト級王座の4度目の防衛に失敗した。五輪2連覇し、世界最速7戦目で2階級制覇した挑戦者ワシル・ロマチェンコ(30)=ウクライナ=に10回2分8秒TKO負け。ロマチェンコは世界最速12戦目での3階級制覇を果たした。戦績はリナレスが44勝(27KO)4敗。ロマチェンコは11勝(9KO)1敗。

コメントは受け付けていません。