リナレス、ダウン先取もロマチェンコに10回TKO負け…歴史的ビッグマッチに敗れ王座陥落(スポーツ報知)

◆プロボクシング 世界戦▽WBA世界ライト級(61・2キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ホルヘ・リナレス―ワシル・ロマチェンコ(12日、米ニューヨーク、マディソン・スクエア・ガーデン)

 世界3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(32)=帝拳=が、WBA世界ライト級王座の4度目の防衛に失敗した。五輪2連覇し、世界最速7戦目で2階級制覇した挑戦者ワシル・ロマチェンコ(30)=ウクライナ=に10回2分8秒TKO負け。ロマチェンコは世界最速12戦目での3階級制覇を果たした。戦績はリナレスが44勝(27KO)4敗。ロマチェンコは11勝(9KO)1敗。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。