オール空振りは大魔神佐々木以来/菅野7者連続三振(日刊スポーツ)

<巨人6-0中日>◇11日◇東京ドーム

 巨人菅野智之投手(28)が自己最多タイの13奪三振で中日をシャットアウトした。2回1死からの7者連続奪三振は球団タイ記録。すべて空振りで奪い序盤から圧倒した。

【写真】完封勝利を挙げ巨人捕手小林とタッチをかわす菅野

 ▼菅野が7者連続を含む13奪三振で完封勝ち。連続奪三振のプロ野球記録は9、セ・リーグ記録は8だが、巨人で7者連続は54年大友、03年久保、12年杉内に並ぶタイ記録。7者以上の連続奪三振をマークした試合で完封勝ちは8人目になる。菅野の奪三振はすべて空振り。オール空振りの7者連続奪三振は15年森(ソフトバンク)以来で、セ・リーグでは94年佐々木(横浜)以来、24年ぶりだ。菅野の1試合13奪三振は16年7月9日DeNA戦に並び最多となり、2桁奪三振は通算17度目。意外にも2桁奪三振の完封はプロ入り初めてだった。

<佐々木主浩氏(日刊スポーツ評論家)のコメント>

コメントは受け付けていません。