大谷の特大ソロは“荘厳”ツインズの地元紙が高い関心示す(サンケイスポーツ)

エンゼルス7-4ツインズ(10日、アナハイム)米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手(23)は「5番・DH」で先発出場。6-4の七回二死で迎えた第4打席に右腕ヒルデンバーガーから左中間に特大の5号ソロを放った。三回の第2打席には先発右腕・ベリオスから右中間に適時二塁打を放った。大谷はこの試合4打数2安打2打点1三振で、打率は・354。試合はエンゼルスが7-4で勝ち、アストロズを抜いてゲーム差なしの首位に立った。

 ツインズの地元紙「パイオニア・プレス」(電子版)は、「日本のルーキー、大谷がヒルデンバーガーから荘厳なソロホーマーを放った」と紹介した。また次回の先発登板が13日(日本時間14日)に本拠地で行われるツインズ戦の見込みであることを記すなど、関心の高さをうかがわせた。

コメントは受け付けていません。