【前走後の談話】土曜東京11R・京王杯SC(サンケイスポーツ)

前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

 ◇アイライン「結果的に、もう少し前めで運べばよかった。ペースが流れてくれたのはよかったが、ここまでだった」(木幡巧騎手)

 ◇ウインガニオン「やはり寒い時期と右回りが嫌なのかな。津村明騎手も、手前の替え方がぎこちないと話していた」(西園正師)

 ◇キャンベルジュニア「競馬に行くと気持ちがガラッと変わる馬で、ゲートもしっかり出てくれた。競馬自体は組み立てやすかったので、理想的な形で運べた。負けはしたが、よく頑張ってくれた。力がある」(石橋脩騎手)

 ◇グレーターロンドン「内枠だったのでリズム重視であの位置(後方)から。うまく脚をためられたし、前があけば差し切れる手応えだったが、あかなかった」(田辺裕騎手)

 ◇サトノアレス「併せる形になっていれば…。でも、この馬場でこの上がり。力はつけている」(柴山雄騎手)

 ◇シュウジ「この馬の形でじっくり構えた。折り合いは問題なかったし、最後もいい脚を使ってくれたんだけど」(戸崎圭騎手)

 ◇セイウンコウセイ「思っていた形でいい感じだったんだけど。残念」(松田大騎手)

 ◇ダイメイフジ「前半でゴチャゴチャしたのがもったいなかった。勝つ力はあるんだけど」(Mデムーロ騎手)

 ◇ダンスディレクター「直線に向いて差し切れるかなと思ったけど、2着馬の後ろにきてから止まってしまった。前半で少しスムーズさを欠いたのが響いたかな」(武豊騎手)

 ◇テオドール「リズム良く走れて、最後もジワジワ伸びている。中山のマイルもよかったんだろう」(吉田隼騎手)

 ◇ノボバカラ「指示通りに後ろから進めた。馬場が緩いところでも、しっかりと伸びていた」(武藤雅騎手)

 ◇ビップライブリー「勝った馬のポジションが欲しかったけど、流れていたので折り合い面は楽だった。ただ、もうひと脚を使えるかなというところで頭が上がってしまった」(太宰啓騎手)

 ◇フィアーノロマーノ「落ち着きがあったし、状態は良さそうだった。今日の馬場で切れる脚を使えるのから、1600メートルなら重賞を狙える力を秘めている」(Mデムーロ騎手)

 ◇ムーンクエイク「引っ掛かるところがあったし、追い出してからもワンペースな感じだった。今日の馬場が合わないところもあった」(バルジュー騎手)

 ◇ラインスピリット「すごい勢いでつまずいてしまったのが全てかなと思う」(森一騎手)

コメントは受け付けていません。