谷真海「自分の実力」大会連覇で東京パラにアピール(日刊スポーツ)

世界トライアスロンシリーズ横浜大会(12、13日、横浜市山下公園周辺特設コース)の出場選手会見が10日、同市内で行われ、女子のパラエリートクラスPTS4(運動機能障害)に出場する谷真海(36=サントリー)が「緊張感はありますが、ホームの応援を受けて横浜の街を駆け抜けたい」と、今季初レースへ意気込みを語った。

 陸上の走り幅跳びから本格転向して2季目を迎える。昨季は世界選手権を初出場で制するなど、出場した5大会すべてで優勝と圧倒的な強さを見せた。それでもさらなるレベルアップを目指してオフには密度の濃いトレーニングを消化。週に1度はバイクで80~90キロ、ランでも1時間以上の走り込みを自らに課した。「陸上の短距離系だった私はもともと低いレベルからスタートしている。だから、練習量をこなせることを目標にしてきました」。

コメントは受け付けていません。