巨人・岡本 際立つ虎キラーぶり(東スポWeb)

巨人は9日の阪神戦(東京ドーム)に3―1で逃げ切り、連敗を2で止めた。勝率5割から再び貯金1とした立役者は猛虎軍団に好相性を誇る岡本和真内野手(21)だった。

 初回二死一、二塁、相手先発メッセンジャーの立ち上がりをとらえて左前へ。二塁走者の吉川尚が快足を飛ばして一気に本塁へ滑り込んだ。昨季からチームが4戦3敗と苦手としていた助っ人右腕からもぎ取った貴重な先制点。岡本自身「ストレートのタイミングで打ちにいったんですが、(スライダーに)しっかり対応できたと思います」と納得顔だ。

 若武者の一打でチームも波に乗った。次打者の亀井も適時打で続き、2―1の6回には3号ソロ。お立ち台で「岡本サンのおかげです」とヨイショを連発してみせた。投手陣も先発の吉川光が6回途中まで1失点でまとめ、回またぎの澤村―マシソン―カミネロの必勝リレーで接戦をものにした。由伸監督は「それぞれがよく粘ってくれた」とたたえつつ、初回の攻撃を「いい攻撃ができた」と振り返った。

 それにしても、5番に定着した岡本の“虎キラー”ぶりは際立っている。開幕から浮き沈みなくコンスタントに結果を残しているが、今季の5本塁打のうち3発は阪神戦で対戦成績も打率4割(30打数12安打)、14打点となった。

コメントは受け付けていません。