稀勢の里、朝稽古に姿なし 師匠「病院に行って検査をしている」(スポーツ報知)

大相撲で6場所連続休場からの復活を目指す横綱・稀勢の里(31)=田子ノ浦=が10日、東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で行われた朝稽古を休んだ。

【写真】弟弟子の稽古を見つめていた稀勢の里

 師匠の田子ノ浦親方(元幕内・隆の鶴)はこの日朝に横綱と話し合いを持つと明かしていたが、「病院に行って検査をしている。まだ本人と話ができていない」とし、夏場所(13日初日・両国国技館)の出場可否の結論は朝稽古終了時点で出なかった。

 同親方は「本人は出たいと思っているだろうし、出ないつもりで稽古はしてきていない。本場所に向けて調整してきた。出るとなったら横綱ですから結果を出さないといけない」と弟子の心中を推し量った。

コメントは受け付けていません。