栃ノ心、出稽古で安定感 4日後の夏場所へ意欲(日刊スポーツ)

大相撲夏場所(13日初日、東京・両国国技館)で大関とりのかかる関脇栃ノ心(30=春日野)は9日、出羽海部屋への出稽古を行った。御嶽海、碧山、栃煌山と相撲を9番取って7勝2敗。春場所で崩れ気味だった立ち合いも本来の右から当たる形に修正した。春場所で痛めた右肩の状態を考慮し、春日野親方が大事をとって9番終えた時点でストップをかけたが、安定感を感じさせる内容だった。

【写真】横綱審議委員会稽古総見でけいこする栃ノ心と鶴竜

コメントは受け付けていません。