ブルワーズ勝利、救援投手スーターが特大アーチ(日刊スポーツ)

<ブルワーズ3-2インディアンス>◇8日(日本時間9日)◇ミラーパーク

 ブルワーズは2-1のリードで迎えた3回裏、救援の左腕ブレント・スーター投手がセンターに約132メートルの特大ソロ本塁打を放ち、結果的にこれが決勝点となった。

 インディアンスのエース、コリー・クルバー投手のシンカーを捉えたスーター。これがプロ第1号の記念すべきホームランとなった。

 ブルワーズは1回表、1アウトの場面で先発のウェード・マイリー投手が右腹斜筋を痛めて降板。急遽マウンドに立ったスーターは4回2/3を投げて5安打、2失点、1四球、5三振の内容で今季2勝目(2敗)を挙げた。

コメントは受け付けていません。