【羽田盃】陣営の談話 ヤマノファイト・矢野義師「自信を持って送り出す」(サンケイスポーツ)

〔1〕クリスタルシルバー・村上頼師「体重の変動が激しいが、今回は前走と同じくらいで出走できそう。馬込みに入れるといいタイプで、最内枠も好都合。中団より少し前で運べれば」

〔2〕トーセンブル・山中尊師「連闘は予定通り。疲れもなく、前走の馬体増は成長分。1800メートルはいいけど、展開次第の面があるから、前々がやり合ってくれれば」

〔3〕クロスケ・柏木一師「前走は初の1700メートルでいい走りをしてくれたし、距離にメドが立った。その後は気合乗りも良く、絶好調。脚抜きのいい馬場も合うから期待して臨む」

〔4〕モジアナフレイバー・福永敏師「コンスタントに時計を出せて、順調に調整できた。力関係がどうかだけど、これまで戦ってきた馬も重賞で好走しているからね。楽しみ」

〔5〕ワグナーコーヴ・岡林光師「ここまで順調にきているし、前走は最後までしぶとく踏ん張っていた。距離は気にならないし、今回もスピードを生かした自分の競馬をするだけ」

〔6〕キャスタウェイ・福永敏師「タフに走ってくれているし、前走後も順調。距離にも不安はないから、しまいを生かす競馬で頑張ってほしい」

〔7〕ルーレットスピナー・山下之師「前走後は短期放牧を挟んで、すこぶる状態がいい。前走は初めての右回りに戸惑っていたけど、2度目なら慣れが見込める。相手がそろっているけど自分の走りをして上位を狙いたい」

〔8〕ヤマノファイト・矢野義師「1週前に速い時計を出しているし、ここまで順調。古馬みたいな風格が出てきて成長が感じられるし、距離は心配していない。自信を持って送り出す」

〔9〕リコーワルサー・荒山勝師「思い通りの良化をたどって、だいぶ上向いている。気性面も大人になってきたし、距離も大丈夫。前走以上の走りはできる」

〔10〕ポンドゼルク・山崎裕師「状態はすごくいい。長めの距離は合うし、追って味があるタイプで、逃げなくても競馬ができるからね。ぜひ東京ダービーの権利をとりたい」

〔11〕ハセノパイロ・佐藤賢師「休み明けを1度使って上向いているし、中間はハードな調教をこなして仕上がりはいいよ。距離は問題ないから、スムーズに行ければチャンスはある」

〔12〕スプリングマン=連闘で気配最優先だが、クラウンC勝ちからも力は引けをとらない。リズム良く追走できれば、あっと言わせる可能性もある。

〔13〕マースインディ・阪本一師「前走は左回りに戸惑った感じがあったし、出遅れて力を出し切れなかった。その後も順調で、雰囲気もいい。中団あたりで折り合いをつけていければ」

コメントは受け付けていません。