エンゼルス・大谷、打者天国で150メートル弾含む15発 地元ファン「オーマイガー!」(スポーツ報知)

◆ロッキーズ―エンゼルス(8日・デンバー)

 エンゼルスの大谷翔平投手(23)が8日(日本時間9日)、敵地・ロッキーズ戦前に驚がくのフリー打撃を見せた。

【写真】フリー打撃で笑顔を見せるエンゼルス・大谷

 打撃練習の最終組で36スイング。15本の柵越えをマークし、右翼3階席に4発放り込むなど推定150メートル弾もあった。試合前一番の歓声とどよめきの声が上がり、地元ファンは「オーマイガー!」と目を丸くしていた。

 ロ軍の本拠地、クアーズ・フィールドは標高1600メートル。高地で気圧が低いため空気抵抗が少なく、打球の飛距離が伸びる。打者天国の球場として知られている。

コメントは受け付けていません。