【武藤敬司、さよならムーンサルトプレス〈14〉WCWとの別れ、坂口征二に相談したWWF行き】(スポーツ報知)

1990年。26歳の武藤敬司は、新日本プロレスを離脱し新たに旗揚げを予定している「SWS」へ移籍することを決断した。

【写真】最後のムーンサルトプレス

 当時の日本マット界は、前田日明が率いる新生UWFが一大ブーム。一方で大仁田厚が旗揚げした「FMW」がデスマッチ路線を打ち出した。新興勢力が台頭する中、新日本と全日本の老舗団体は、停滞の時期だった。全日本は、天龍源一郎の「天龍革命」がピークを迎え、新日本プロレスは、アントニオ猪木が参議院議員に当選し第一線を退き、坂口征二が社長に就任しリング上では長州力がマッチメイクする新体制がスタートしていた。

 こうした時代のうねりの中、大手眼鏡販売チェーンを展開する「メガネスーパー」の田中八郎社長は水面下で元国際プロレスの若松市政を参謀に迎え新団体設立へ動いていた。当時は、もちろん、武藤へのスカウトは極秘プロジェクトで移籍も武藤の胸の内と若松への口約束での決断だった。一方でグレート・ムタとして全米でブレイクしていたWCWから離れる時が来る。

コメントは受け付けていません。