22日の馬場状態 武藤騎手、東京の芝は「開幕週にしては若干緩い気もしますが、きれいで走りやすい馬場」(サンケイスポーツ)

★東京競馬場

午前11時現在、天候=晴、芝=良、ダート=良

 土曜の芝は全体時計、上がりタイムとも速く、インを通った馬が台頭した。快晴の日曜も同様の傾向となりそうだ。ダートは水準の時計で決着し、先行勢の踏ん張りが目立った。

 ◎降水確率=午前、午後とも0%。

 ◆武藤騎手「開幕週の芝にしては若干緩い気もしますが、きれいで走りやすい馬場です。内外の差もなさそう。時計は速いですね」

★京都競馬場

午前11時現在、天候=晴、芝=良、ダート=良

 芝はCコース(最内から直線部7m、曲線部6m外に柵)を使用。土曜は6鞍が行われ、開幕週らしく時計が速かったが、逃げ馬の連対はなく、差し馬が圧倒的に優勢だった。ダートも普段より差しが決まっている。

 ◎降水確率=午前、午後とも0%。

 ◆藤岡佑騎手「差しも届きます。芝丈が長い。きれいな馬場です」

★福島競馬場

午前11時現在、天候=晴、芝=良、ダート=良

 土曜は良馬場。Bコースに替わった影響か、芝5鞍のすべてで〔4〕枠より内の馬が連対していた。先行馬の粘り込みも顕著で、内めの先行馬は要注意。ダートは4コーナー先頭が4連対と先行馬が圧倒的に有利。

 ◎降水確率=午前、午後とも0%。

コメントは受け付けていません。