「イニエスタは神のような存在」バルサ加入内定のアルトゥールが大いなる敬意(GOAL)

バルセロナ加入が内定しているグレミオのブラジル代表MFアルトゥール・メロが、バルセロナMFアンドレス・イニエスタを称賛した。

バルセロナは先日、今年7月に行使可能なアルトゥールの買い取りオプションを得たことを発表。移籍金3000万ユーロ(約39億円)+ボーナス900万ユーロ(約11億円)でグレミオと合意に至ったようだ。

そのアルトゥールは、地元メディアでイニエスタのような選手であると形容される。だがブラジル代表MFは『Globo.com』でイニエスタとの比較について次のように話している。

「僕はそこに介入したくない。値札をつけるような行為にね。イニエスタはアイドルであり、僕には僕の特徴がある。彼はイニエスタ。フットボールの神のような存在だ」

「でも、僕はまだスタートしたばかり。自分自身に集中して、ベストのプレーができるように考えるべきだよ。どうなるか様子を見てみよう。物事が順調に進んで、僕が街やチームに適応できれば…。信じられないようなキャリアを送れるかもしれないね。でも、イニエスタは憧れの存在だ。彼に近づけたら、それだけで素晴らしいことだよ」

一方で、イニエスタの周囲は騒がしい。今季終了時に中国に移籍することが噂されている。だがアルトゥールはスペイン代表MFの残留を望んでいる。

コメントは受け付けていません。